マークソの雑記

オタクってなんだよ

ウマ娘 2nd LIVE sound fanfare

ウマ娘最高だ


まずはウマ娘2ndライブトレーナーの皆様お疲れさまでした。一年三ヶ月ぶりの大きいライブ、進化したそれぞれの推しや、好きな楽曲の回収などできたライブだったのではないでしょうか。

また、新しくウマ娘の現場に来てくれた人たちもありがとうございました。
ずっとでかい箱でライブはまだなのかまだなのかと色んな人たちに言われてきたので今回のライブでみんなが満足した、というようなツイートを見かけて1ファンとしてとても嬉しかったです。

以下感想になります、自分の中で目立った人だけ書きます。

やっぱりSEVENが最強。それしか勝たない、これだけ楽曲に恵まれたウマ娘というコンテンツで歌唱力をもつ田所あずさという声優にあれだけ強い楽曲をぶち当ててくるってのはホントに今の声優界を知らないとできない芸当だとおもう。これが皇帝で、皇帝を表すのにの相応しすぎるミュージックもうホントにあの曲が大好きでSG06のときに聞いて以来だったから16ヶ月ぶり?とかになるのかな高まりが抑えきられなかった。声優としての田所あずささんも好きなので常時真ん前にいたから流石に好きがあふれ出してたよね。

他にも1stと全く同じ流れだったけど大橋彩香『catch the victory』からの木村千咲『Rising girl』とかもうこの流れは二人が揃ってるときは一生崩さないでほしい。
『catch the victory』のときの大橋さんの振り向きが最高よ


鬼頭明里さんもすごい伸びてた、リリイベの時は大丈夫か?って感じだったような記憶あるけど幕張のキャパで堂々と披露できるのはまさにセイウンスカイといったところ、マンガの連載もサイコミで始まるので要チェックですね。

大西沙織さん最後のmcのときになぜかMachicoについってって立ち位置通過したのがおもしろかったです。『waiting for tomorrow』は最強、バラード寄りなんだけど高まるってのはスゴいと思います。

『silent star』の後奏のあとそのまま『ありがとう、神様。』につないだからみんなそっちに目がいってたと思うけど実は高野麻里佳さんが曲が始まった後も和氣あず未さんの方向に視線を送っていたのを忘れることはないでしょう。

Lynnさんの振り付けがエッチすぎたのでつぎからは考えてほしいですね(やめないで)

松井恵理子さん徳井青空さん
正直かなり似てる二人だと思ってます。役作りに徹するプロって感じがして人として尊敬できるお二人です。イケメン役に徹してて表現幅ひろいなとおもった。
松井恵理子さんは『Dream Jack』の最後の高音きれいに伸びてたし
徳井青空さんはやっぱり階段が苦手だった。

最後に和氣あず未さん、ウマ娘でMCを積んできて最初の方とかスゴく不安だったしSG06とかはメンツがスゴすぎてメインなのに完全に消えてたのがもう嘘だったようになっていてホントに嬉しかったです。『ありがとう、神様。』のちょんちょんステップも可愛かった。今回一番遠いところにいたから細かいところは見られなかったけどほんとに素敵な人だなと改めて感じることができました。


終わりに
今回のライブコンセプトはANIMATIO DERBYにでてきた曲で構成されいたので3人曲の披露はありませんでした。オリジナルメンツの『UNLIMITED IMPACT』は初披露から600日くらいたったらしいですワロタ。

ちょっと話は変わりますがライブ後にあがる4枚スクショがウマ娘はあがってきませんでしたね、これはトレーナーのみんなが厄介に理解があるんじゃなくてその文化が当たり前として根付いてるからだと思うんですよね。そういうウマ娘の現場が僕は大好きです。これが保てるのはしょうもない厄介をしなくても楽曲そのものが持つ"強さ"があるからだと思います。

これからもこの現場のいい空気を保ってさらにでかいキャパでやりたいです。

Screenshot_20180921-101000

以上東京競馬場でライブがやりたいマークソでした。
.box1 { padding: 0.5em 1em; margin: 2em 0; font-weight: bold; border: solid 3px #000000; } .box1 p { margin: 0; padding: 0; }