マークソの雑記

オタクってなんだよ

お城に蹄鉄つけて上がり込んだ話

※かなりキモいですけど読んでくれると嬉しいです。

こんばんは、シンデレラ名古屋2daysお疲れ様でした。結論から言うと参戦してよかったライブの1つとなりました。

デレのアニメは一回しか見てないし、細かい考察とか知らんし、曲も7-8割くらいしか知らんかったけどそれでもよかったなって思えた。和氣あず未さんしかみてなかったしシンデレラのオタクは和氣あず未をみてくれないから俺が頑張って残しておくよ。


総括として、day1は「ガールズ・イン・ザ・フロンティア」がホントに改めて強い曲だなって思ったそれくらいかな?あとは「夕映えプレゼント」が回収できたのが地味に嬉しかった。「さよならアンドロメダ」もいい曲だよ。
メインステージの対面の席ってめちゃくちゃ遠いしゴミ以外の感情わかんよね、しかも隣は知らんひとやし2つ隣の人はガチでアイマス警察。UOグルグルしてた人たちに注意しにいってた、馬鹿だねその間も曲は続いてるのにね。
あと鈴木みのりさん高田憂希さんを歌唱力でボコボコにするのはやめたほうがいいと思います。


和氣あず未さんの出番は全体曲含めると8/34曲まぁまぁ出てた部類。
全体曲はさておきユニットとソロだけに焦点絞ろうか。
命燃やして恋せよ乙女
(フルとゲームサイズって歌い分け違うのね、多分だけど。)オリメン3/5。まぁ三宅さんが引っ張ってくれてたって印象、結局早見沙織がスゲえんだよこの曲。「弁天様の石段で~~」がプロよ。
和氣さんはソロパートなんか音源より好きだった。ちょっと深みが出てた気がする(キモい)目の流し方がうまくなったんだと思う。比較は5thなんだけどさ、なんかあのときはステージに立つのに必死みたいなのが見えてた。1年でいろいろ変わったんやろうなぁ(ウマとかウマとかウマとか)

「踊りまくろ☆ダンシング・ナイト」
デレのソロで聞くのは初めて(can't stop!!はどこ)、キャラソン歌うのも全然いけるやん(訳*ソロデビューするな)
イマイチテンション上がる曲ではないけど、丁寧に歌ってたなぁって印象。多分この日マイクの調子全体的に悪かったんだけどそれでもズレなく歌い上げるのは素晴らしいと思いました。


「モーレツ★世直しギルティ!」
直前が俳協つながりの鈴木絵里さんだったから安心して歌って踊ってたなって感じ。まぁ信頼できる先輩を一人見つけられたのはでかいよね。北海道でもお願いします。5thとそこまで大差ないかな??まぁそんなもん

一日目はこんなもんかなぁ、まぁあとは和氣さん以外だと
津田、大橋の「Naked Romance」はガチエモすぎて死んだ。あれはずるい。津田は可愛いキャラじゃないとはいってもあれはあれでいいんだよな、アイマスPさんはゆるゆりのキャラソンの「TON!TON!TON!」とウマ娘のキャラソンAir race」聞いてほしいです。津田さんはホントに魅力的な声優さんですよ。


2日目
まぁなんか1日目とかったし当日券握ろってことで握ったらアニサマのときにつながった名古屋のオタクとナチュ連で挙げ句トロッコ真ん前2列目通路席とかいうバケモンみたいな席を引いた。ここから俺のシンデレラロマンスが始まったよね


まず2曲目で「snow wings」ソレソレソレソレwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
JUNGO2曲めで恋はダービーとかいう技をウマで覚えたからシンデレラでもやってくれた、ありがとねい。

事件が起きたのは9曲目の
「starry-go-round」で事件は起きた
この曲なんかそもそもウマ娘用に書かれたんじゃねーのみたいな噂が常々流れてて(歌詞にトゥインクルだのスペシャルワンダーランドだの開くゲートだのなんだかマジでそう聞こえてくる、詳細書いてる人がいたのでURL貼っときます→

見切れって実はどのコンテンツでもゴンドラ一番近くてステージ裏が見えたりとなにげにアド席ってのは知ってたんだけど和氣あず未さん基本ポジションが下手側だから上手側のこっちにはこねぇだろうとか思ってたら上手側に来るとかいう奇跡が起きた。

ただまぁ基本アリーナに向けて歌うからこっちを向いてくれる確率はニブイチ、引けるか…引けるのか????

引きました。

俺の顔見て「あぁ!」みたいな顔したあとにシャツ指さして笑ってました。
(シンデレラの現場にウマのシャツで行くとかどうなのとかFF外から言われたけど「実質アイマス」っつったのおまえらアイマスPやん。)

俺はシンデレラで彼女の笑顔を引き出せた。一番素敵で大好きな笑顔を引き出せた。多分このことは生涯忘れない。推したぶんだけファンに返してくれるそういう和氣あず未さんが僕は大好きです。

ロッコ通過後の記憶はあんまないたぶん連番者に「俺でいいよね?」って再確認して床になってた
大空直美さんがなんかオタクのマネしてレスくれましたありがとうございます)

「Treasure☆」はアリーナ向いてたから関係なし、銃がうんぬんとかは安部菜々のオタクが描いてくれてる。

「冬空プレシャス」ですか、これはねぇマジで和氣あず未のオタクは刺さったんじゃないかなぁ。
ご存知ウマではセンターなわけで俺はそのときの和氣さんしかみたことない。だから5thのときの、こういう言い方は失礼かもだけどつまんなそうな顔がシンデレラではこびりついてて、正直それが理由で今回も参加するか悩んでた。推しが楽しくなさそうな顔ってあんま見たくないしね。

でも今回冬空プレシャスでセンターにたった和氣あず未さんは笑ってた、片桐早苗さんみたいな太陽みたいな笑顔をしてた。プロなんだから、ましてや「アイマスはみんなが主役」なんだからどこにいても全開の笑顔を見せるべきって考えもあるだろうけど、俺はそれよりもアイドルなんかだらセンターで輝くって気持ちのほうが強い。みんなが主役だったとしてもセンターはひとつなんだよ。ポジションゼロは奪い合うものなんだよ。

だから5thのあれはつまんなそうな顔なんじゃなくて「センターじゃないから笑えなかった」って勝手に解釈した。真実は和氣さん本人しか知らんしいいよね。
だから今回センターであんだけ笑いながら歌い踊る和氣あず未さんはたぶん嬉しかったんだろうしそれはなんかこっちにも伝わってきた、Twitterでパブサかけてたら可愛いって言ってる人いっぱいいて僕は嬉しかったです。
和氣あず未さんで記憶に残ってるのはこれくらいかなあ、まぁあとあんま思いたくないけどシンデレラで居心地悪いのかね。いろんな人との写真が欲しかったなってww

 曲の感想とかセトリ構成は素晴らしいと思いました、JUNGOがウマを経てセトリの組み方をわかってくれたらしいね、知らんけど。そのへんはまぁTwitterでも言えるからいいかなww

今週末はハニプラ(行けるかわからん)で再来週が問題のサイゲフェスですか、しんどいね。ウマのオタクがんばりましょう。


最後になるけど片桐早苗はゴリ押しだなんだってのをみましたがめげずに片桐早苗Pの皆さんがんばってください。僕はゲーム苦手なのでそのへんは無理ですw


以上、シンデレラ城にウマのオタクが行った話でした。

.box1 { padding: 0.5em 1em; margin: 2em 0; font-weight: bold; border: solid 3px #000000; } .box1 p { margin: 0; padding: 0; }