マークソの雑記

オタクってなんだよ

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会はみてますよっていう話 19日

まぁゲームやってないし。ゲームに割く時間がないならぎゅって凝縮して

 

「これが虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会だ!!!!!」

 

ってやってくれるアニメのほうが時間がない身としては非常にありがたい。

 

アニメ見てます。

あんま深い考察とかはしないかなって感じです。

普通に高咲侑がタイプ過ぎてエッチしたいです(は?)

 

ゆうぽむ派のみんなすまん。

でもあのウルフカットはずるくない?スケベな狼がすぎるよ。

 

まぁ俺なりに多少真面目にあのアニメを考察すると

 

・個の強さ(本田圭佑

・俺たちが見てる視点は誰視点なのか

 

ここかなぁ?

まずひとつ目の個の強さってのはそのまんまの意味。

過去作と比べても”キャラクター”性が強い、わかりやすい。

メインキャラデザが室田さんから変わったことでいい意味でわかりやすくなった、と思う。

CGの使い方とかにもかなり影響してきてるんじゃないかね。

前はあんなゴリッゴリに

「アニメです(ドーン)」みたいな描写してなかったし

(良い悪いの話ではない)結構面白いですよね。

 

俺たちが見てる視点は誰視点なのか

 

てっきり高咲視点で話が展開されていくのかなぁと思ったけどどうもそうじゃないらしい。

観測者としての我々になるシーンが大半でライブシーンだけ高咲視点な気がする。

 

実際地面割れてファイヤーなんて出ないし、スクールアイドル始めます宣言開幕1話目でいきなりおどりだすのもよくわからんしね。

 

リアリティがない部分は高咲視点ってのが多分正しい見方?正しい見方とかないけど、まぁ作者の意図してるものじゃないかなぁ。

 

でもあれっていいよね、ライブ意識してオタクの視点みたいなのを投影してるってことでしょ。

11人目って表現のほうが良いのか10人目って表現でいいのかわからんけどまぁいうなればラブライブに実在する俺らの視点っていうのをキャラとして出してきてるのはむちゃくちゃ面白いのでは。

 

 

強いて現状でなんかなぁっておもうのは声優のレベルが全体的に低い。

別にこのアニメに限った話ではないけど、今後起承転結の重要な場面が来た時に締まらない声だと良いアニメも一瞬で萎えるからね。

ファンは見てくれてもどちらでもない人は離れるよ。

あんま言いたくないけどもkbtさんの演技ってあんな感じなんすね。難しいキャラだとは思うけどもうちょっと抑揚ほしい、かな。

お姉さんキャラは難しいよなぁ。

 

あとは僕のキャラソンイチオシキャラの、宮下愛ちゃんの今後が楽しみです。

 

終わり。

 

 

本日の曲

 

 

ドラム!!!!ドラム!!!!!!!!

低音が!!!!!!とっても前!!!!!!!!!!!!

 

え、わからんの?イヤホン変えたほうが良いよ。マジで。

 

今日TSUTAYAの社員に

「LiSAは結局鬼滅のおかげやん」って言われたのでお前が今予約やってるfateシリーズのBDとかお前が絶賛してたヒロアカはなんだったんだって顔面マウントとりながら伝えといた。

 

というか鬼滅クラスで一般人の反応はその程度なのかと思うと

アニメタイアップの重要性がアニソンシンガーにとってどんだけ大事かってのがさらに身を持って実感しました。

 

 いつもの

読者登録もよかったらお願いします。

 

←前

 

makusoblog.com

 

→次

 

 

makusoblog.com

 

 

.box1 { padding: 0.5em 1em; margin: 2em 0; font-weight: bold; border: solid 3px #000000; } .box1 p { margin: 0; padding: 0; }