マークソの雑記

オタクってなんだよ

行ってよかったライブ2019

https://twitter.com/uma_kuso/status/1198843330991398913?s=20

はいジョージィ
f:id:masaki_photo:20191209100656p:plain

「今年のライブはどうだった?」

「お前あと今年9イベント残ってるだろ(12/18現在)」
f:id:masaki_photo:20191217015355p:plain
「ペニーワイズは死んだ、イベントに行き過ぎたのだ。」

ふざけました
ホントに今年はいろんな現場にいかせていただきました。

やっぱり歌はライブで完成するし、そのライブは成長し続けるから
歌は進化するっていう草野華余子先生の言葉を聞いて無理矢理にでもいろんな
現場に参加してほんとに良かったです。

その中でも本当に印象に残った5つのライブを紹介します。

NANA MIZUKI LIVE EXPRESS 2019(千葉公演千秋楽)

masaki-photo.hatenablog.com


まぁこれは外せないんだよな。でかい、これはデカかったよほんとに。
ドーパミンノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニンメラトニン、エンドルフィン……快感物質が全て出た。

詳細の感想は上記の記事に全部書いたんだけど、改めていうと『Astrogation』『ETERNAL BLAZE』はホントに生で聴けてよかった。
水樹奈々という人間にどれだけの人間が期待して、その期待をしっかり応えてくれる水樹奈々がいる。あんな素晴らしい空気に入れたことが本当に幸せだった。『恋想花火』聴きたいから行けたらツアーいきたいです。

亜咲花 20th Birthday Live ~EVE~

これはあえて記事にしなかったライブ。
セトリをなぞるだけじゃなんにも伝わらないし、自分が亜咲花を2017年から見てきてホントに死ぬほど嬉しかったライブだったし

そもそも今年の下半期の亜咲花は人気上昇とは裏腹に喉のコンディションがずっとよくなかった。これは断言できる。

3月の19BOXツアーのときから、明らかになったのは7月のOTODAMAのとき。
最初はなんか音ズレてんのかなって思ったけど、なんかもうメッチャクチャな音のとり方してて満足に高まれなかった。
それでもどうにか、8月の北海道アニスパ、大本命アニサマを気合で乗り越えたけど
アルバム『HEART TOUCH』のリリイベと9月のアニエラ、Anison Daysのときはほんとにもう引退視野ですか?みたいな感じだった。

そんなボロボロの状態でたどり着いたのがこのワンマンだったんだと思う。

この日のライブは今までのが嘘だったかのようにしっかりできてた。
そしてライブ後半戦今年1泣いたMCが来た

亜咲花「この2曲は、birthdayLIVEが決まったときに絶対に歌うと決めてました。
高山に野に咲く一輪の花のように、聴いてください『Edelweiss』

無理無理、ほんとに泣いた。ありえないくらい泣いた。
特殊イントロなのもありえないくらい刺さる。
亜咲花アニサマの中に入りてぇってアニサマけやきひろば2017年で言って歌ったのがこの曲で、俺が亜咲花を知ったのもこの曲で、直前のアニエラでも思うようにこの曲が扱えなくて、もう干されんのかなって覚悟すらしてた。

この当時の高校生の亜咲花をなぞってるような歌詞なのも死ぬほどエモいし、これを「大人」になる20歳の誕生日で選んでくれたこともホントにホントに死ぬほど嬉しかった。

僕だけの傷じゃないよ
大切なものがあるんだ
また見えた希望に今
走り続ける

……絶対武道館行こうな。

SACRA MUSIC FES.2019 –NEW GENERATION- Day2

僕が行ったフェスの中で今年1のフェスですね。
アニエラもよかったけどエモさっていう面でSACRA MUSICはやっぱり信頼だなぁっていうのをしっかり残してくれた。
”NEW GENERATION”を謳いつつも初日では藍井エイルをしっかりトリで持ってくるという
SACRA新人枠に対する
かかってこいや、「お前らの先輩はこんなすごいんだぞ」的な?

そういう中でも新人は新人でhalca×スピスピや、ASCA×ReoNaで出れなかった春奈るなさんのカバーをやるなど随所にリスペクトが見られるほんとにいいライブでした。

そしてDay2はシークレットゲストでLiSAが登場、今年は彼女はもうほんとに大躍進でしたね。「紅蓮華」でついに、ついに紅白出場です。
一般人にアニソンシンガーが浸透するには10年かけてさらにでかいタイトルを取らなくてはならないというなかなか険しい道だということを知りました。
ガルデモ時代からみていた僕としてはホントになんかもう感無量というか、嬉しかったです。

本筋に話を戻すと
SACRA MUSICというレーベルを支え続けたのは間違いなく彼女だし、なんならLiSAがいなければひょっとしたらもっと声優アーティストだらけになってたかもしれない。
そんな偉大なシンガーが出てきて全てを圧倒する。これはもう燃えるよね。「かかってこいやあああああああああああ」だよね

ホントにこのレーベルが好きで良かったっていういいレーベルフェスでした、ありがとうございます。
(喉お大事にねLiSA)

ReoNa ONE-MAN Live "Birth 2019"

これはブログで書いたから読んでほしい。
masaki-photo.hatenablog.com

紅白出てほしいアニソンシンガー10位に入ってましたね。
この人ほんとにすごいんだよ。あんなにちっちゃいのに声量がめちゃくちゃあるんよ。
ペンリサの対バンもバンドサウンドにバリバリ張り合ってたしすごい。
ツアーはじまるんで良かったら暇なオタク来てください。


20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG DAY-03

ホントは死んでも入れたなかった。マジでくだらないし、全体通して言うならAqoursのためのライブだったしね。
一番期待した初日があのザマであれにキレたシンガーが募って開かれたのがAnisonToyBOX vol.2だとすら思ってるよ。
ホントに人のことをバカにするのも大概にせーよ。

でも、それでもSOS団は反則なんよ。これは多分もう二度と聞くことはないんだろうなって。

マークソ少年はハルヒが実は大好きだから今はなき池袋の映画館にも何度も消失見に行ったんだよね。
涼宮ハルヒの激奏」は2007年開催だからまぁ当然のようにいけてないし、もうこのキャラソンは聞けねぇだろうなぁって思ってたからね。

もっかいSOS団を結成したいというアニサマを経由してからの強い願い。
後藤邑子さんが”ちゃんと”音を外して「恋のミクル伝説」を歌ってくれたのもほんとに嬉しかったし
なによりフルメンバーでの「ハレ晴レユカイ

俺はこのSOS団ランティス祭り3日分払ったと思ってるよ。ありがとうSOS団

そしてこの二ヶ月後に
平野綾 Special LIVE & Tour 2019 クラウドファンディング・アニメLIVE 東京公演
で聴きたい曲をすべて聞くのはまた別のお話。

番外
AnimeSong×ToyBox vol.02

出演者: 栗林みな実(Minami) ChouCho eufonius 佐咲紗花

ランティスアーティスト怒りの演者。マジで楽しかった。



いかがでしたでしょうか……
29日までライブがあったので年の瀬の公開になりました。

以下、後記。
今年行ったイベント数は96イベント。去年の2倍でした。
そのうちのライブは多分70~80くらいです。
ここに書いてはなくても聞かれたらある程度は覚えてるんで、いろんなオタクと現場で語り合いとかしたいですね。

今年はほんといいライブにいっぱい行けました。
来年は就活でちょっとイベ減するかもしれないけど戻ってきたらお願いします(何を?)

.box1 { padding: 0.5em 1em; margin: 2em 0; font-weight: bold; border: solid 3px #000000; } .box1 p { margin: 0; padding: 0; }