マークソの雑記

オタクってなんだよ

アニサマ2020予想 第一弾

AJが中止になったのでアニサマ2020を本気で予想してみる。

予想の仕方は近年のアニサマを基準として考える、つまりとんでもない事が起きない前提。

 

 

アニサマの法則

まず、2019年の映像版権の持ち回りはKING AMUSEMENT CREATIVE(キングレコード

 

アニサマは映像を出した会社のアーティスト色が少し強めに出たりする。2019年の映像を出すのはキンレコだから2020年のアニサマはキンレコ色が強くなるそういうことやね。

 

これちょっと前にも前もツイートしたんだけど

 

出してる会社は上記ツイートでも述べたように

 

ランティス

・KING AMUSEMENT CREATIVE(以下キンレコ)

SONY MUSIC

 

の3社です。

 

2018年アニサマの映像持ちはSONY MUSICだったので2019年のアニサマSONY色、SACRA MUSICの色が強いライブだったのがわかります。エイル大トリだったり、ReoNa、スピスピは高待遇です。

 

今年はどこのレーベル?

これらを踏まえると、キンレコの色が強くなる、はずなんですけどいかんせんキンレコに新人がいない。

 

そうなると大御所引っ張り路線になってくるのでまず

水樹奈々高橋洋子林原めぐみ

ここの3人の誰かを予測します。

 

もうあとは、小倉、水瀬、上坂、宮野あたりは最近のアニサマ常連さんなので出てきても通常扱いでいいと思います。

 

アニサマ15年目

で、アーティストは個人的にはLiSAに賭けたい。

そろそろ

「かかってこいアニサマ!!!!!!!!」

が、したい。

 

ガルデモとして初出演した2010年のアニサマからちょうど10年目なのでガルデモ復帰示唆までぼくはあると思います。リスアニでもCrow Songカマしてたし。

 

1年おいたし紅蓮華アニサマ解放そろそろいけるのでは??

 

シンガー部門は真面目にやりたいので別枠で書きます。

 

声優アーティスト部門

次は声優アーティスト部門から選出しようと思います。

とりあえず、一度も出たことない、回数が少ない人で警戒します。

まず、何より大警戒しないといけないのはAqoursのメンバーが去年今年合わせて5人(小林、鈴木、逢田、斉藤、諏訪)出てること。正直3人は来ると思います。ぼくの予想は鈴木、斎藤、小林です。

 

そしてAqours外でいうと相羽鬼頭、富田、和氣、諸星このへんも警戒ですね。この中で言うと、鬼頭は確定枠だと思います。あとは誰が来るか。

 

この中だと和氣を呼んでシクレでついでに声優二人くらい引っ張ってくれば、声優ユニットがお手軽に組めてしまうのでそのへんもあるのかなぁとか、そもそも業界的なのか俳協的なのかはしらんが和氣が結構プッシュされてるのでその辺踏まえてもありえるのかなって(やめてほしいけど、本当にやめてほしいけど)

 

第一弾予想

というわけで現実的に有り得そうなのは

水樹奈々林原めぐみ、LiSA、水瀬いのり小倉唯宮野真守鈴木愛奈斉藤朱夏小林愛香相羽あいな鬼頭明里和氣あず未

 

とりあえずぼくの第一弾予想はこのへんで。そろそろまたアニサマのメンツで一喜一憂する時期だね。楽しみです。

 

 

 

 

 

 

.box1 { padding: 0.5em 1em; margin: 2em 0; font-weight: bold; border: solid 3px #000000; } .box1 p { margin: 0; padding: 0; }