マークソの雑記

オタクってなんだよ

アニソンシンガーを広めたい3日目 ~YURiKA~

f:id:masaki_photo:20200718233506j:plain

 

YURiKAってどんな人?

 

本人公式Twitter

公式サイト

 

というわけで、YURiKA編。

 

masaki-photo.hatenablog.com

 

埼玉県蓮田(はすだ)市出身、10月29日で25歳、大宮駅から北に3駅。保育士免許を持つアニソンシンガー。

幼少期を田んぼのど真ん中で歌う日々を過ごし

小6で「創聖のアクエリオン」に出会い「1万年と2000年前ってなんだよ」って思ってアニソンシンガーを志した。

目指すと決めてから10年、これで受からなかったらアニソンシンガーの道は諦めようと思って受けたTOHO animationRecordsの

次世代オーディションで見事合格し、TOHOレーベルからデビュー。

 

はじめてのアニタイ『リトルウィッチアカデミア』オープニングテーマ

「Shiny Ray(作詞・作曲:uz / 編曲:吉田穣)を獲得。

 

2クール目のオープニングテーマ

「MIND CODCTOR(作詞:eNu / 作曲・編曲:R・O・N

も続投。

 3つ目のアニタイ『宝石の国

「鏡面の波(作詞・作曲・編曲:照井順政)

 

を獲得すると、この3つを引っさげて2018年

念願だったアニサマの舞台へ。

埼玉には海はないけどアニサマがあるというとんでもない名言迷言を残している 。

 

他にも『はねバド!』OPテーマだったり、「BESTARS」のED4曲を全部担当など、新気鋭のシンガーである。 

 

また本人がめちゃくちゃオタクで、自分の中の3大ヒロインに

古河渚CLANNAD)、小木曽雪菜(WHITE ALBUM2)、涼宮遙君が望む永遠

を挙げており、つまりはそのへんの楽曲への理解もあるという我々オタクにとってもとっつきやすいというか興味を持てる一つではないだろうか。

spice.eplus.jp

 

更に鍵っ子でもあり

こちらにおいてもPCゲーム『Summer Pockets』劇中歌「夜奏花」で、key楽曲を担当するという夢を一つ叶えている。

 

YURiKAのここが好き 

あんまりTwitterで言わないので、ここでめっちゃ好きだよ~っていうの書いとこうと思う。

へこたれないところ

まずこれね。LWA(リトルウィッチアカデミア)のアッコかよってくらい動く。

例えば、YURiKAは現在進行形でラジオのハガキ職人であるくらいのラジオっ子で、さらには今年の3月末までA&G ARTIST ZONE THE CATCHの水曜日のパーソナリティをしていた。

5年間続いてるこの番組の中で数少ない100回以上放送した担当でもある。好きすぎて曲も作った。

作詞:ゆりっぺとザキャッチリスナー

作曲:みまるちゃん(吉田穣) 

 

そんなYURiKAはラジオ終了後

まさかの自分でラジオを作るという

あまりにもクリエイティブ精神にあふれる立ち回りを発動。 

www.youtube.com

提供は一切ない(リスナーのみ)。完全にただ好きでやってる。いい意味で変態です。

 

"好き"の思いが強い 

自分もそうだったんだけど「好き」って口に出して言うことって

なんかこっ恥ずかしくて言わない人って多いと思うんですよ。

だからわざわざ婉曲表現をしてみたり(すこ)するじゃない?

 

でもYURiKAは好きってめちゃくちゃ言うんだよね。

去年1年YURiKA追いかけてて、自分も積極的に「好き」って言えるようになった。

 

言語的表現じゃなくてもこれは出てて

CLANNAD』が好きすぎて青森の聖地まで行くし

Summer Pockets』が担当できたのが嬉しすぎて聖地直島まで行くし

 

偉いっていう言い方も変だけど、尊敬できるよね。

 

アニソンシンガーの意味を考えてる

結局アニソンシンガーの存在意義ってなんだよ?

って考えた時に僕はYURiKAが1つの答えを出してくれそうな気がしてます。

もちろん自分でも考えるけど、俺に体現はできないから。

自演ラジオの第4回目でも

youtu.be

「アニソン、ゲーソンでも作品に紐づく曲って曲が独り歩きしちゃいけなくて、作品を知った見た触れたからこそ真の意味がわかるみたいな」 

って言ってたり、

2年前の「ふたりの羽根」のインタビューでは

spice.eplus.jp

やっぱりアニソンが歌いたくてアニソンシンガーになったので、さっきも言ったんですけど、アニソンシンガーじゃないと歌えない歌もあると思うので、アニメの歌を専門に歌う人にしか出せないものもあると思うので、それを存分に出していきたいなと思います。

 

こういう風にも答えてる。

今コロナでどうしようもないけど、接近いって早くこういう質問ぶつけたいねww(めんどいオタク)

 

歌ってる曲の幅広さ 

感覚的ではない話も。

 

これは正直良いことばかりではないんだけども

最近でてきた同期で言うなら

亜咲花の基本は、志倉千代丸さん系の曲

ReoNaなら毛蟹さん

halcaなら宮嶋淳子さんの恋愛チックな歌詞

 

みたいなもうある意味で固定されつつある。

じゃあYURiKAは?っていう時に

かなりめっちゃくちゃ。

『BESTARS』のときはMONACAが作曲して、唐沢美帆(TRUE)さんが作詞したけど、

宝石の国』は照井順政さんだし、かと思えば齋藤真也さんのときもある

って感じで音楽性がとてもバラバラ。(下にYURiKAのプレイリストがあるんで是非。サビだけ聞いても面白い。)

 

 

YURiKAのポテンシャルがかなり高いので、ライブで歌えてるっていう感じかなぁ。

歌い方に色んな色があるのはとっても良いことなんだけど、やっぱり”スジ”は欲しいかなぁとも思う。

 

同期が亜咲花、ReoNa、halca、再デビューのASCA、EXiNA、それこそ声優、Vtuberなど新時代のアーティスト揃いでこの激戦区を生き延びてるのは技巧派だからだろうね。

 

宣伝 

さてそんなYURiKA、今週末セルフカバー出します。

YURiKAアコースティックカバーミニアルバム「REUNION」

予約はこちら→YURiKA オンライン特典会

 

視聴はこちら↓

www.youtube.com

自分で楽曲解説までしてるからよかったら

 

 

特別版購入でライブも見れるので是非、みんなで盛り上がりましょ。

 

終わり

はねバド!』の原作すごい好きでアニメ化で「ふたりの羽根」で知って、去年1年通ってみようと思ったきっかけは

 

lineblog.me

これだったんだよね。

いや、これがなかったら知らないで終わってた作品があると思うと出会いってホントに大事だよなあと。

 

今日の朝、『リトルウィッチアカデミア』を見終わりまして、これでただ曲として好きだった「MIND CONDCTOR」が さらに好きになりましたね。

Lia,LiSA,に続くリ(Ri,Li)の系譜になれるといいね。

SSA行くまで、行っても応援しようと思ってます。

 

 

以下いつものです。

ありがたいことに多数頂いており

お時間頂く場合がございますが読者登録していただいてお待ちいただければ、と思います。

←前

masaki-photo.hatenablog.com

masaki-photo.hatenablog.com

 

次→

準備中 

 

 

.box1 { padding: 0.5em 1em; margin: 2em 0; font-weight: bold; border: solid 3px #000000; } .box1 p { margin: 0; padding: 0; }